函館フォトblog

junnews.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 30日

高く蒼い空、釧路にて

f0124144_2247207.jpg

知人の定年送別会で訪れた懐かしの釧路。
十数年ぶりに、幣舞橋周辺を散策した。
フィッシャーマンズワーフと呼ばれている商業施設の概観は、青空のもとで壮大。
「MOO]という文字が愛らしい建物です。






f0124144_22473279.jpg

四季の像が4体ある幣舞橋。
橋の向こうに、花時計とKUSHIROの文字が見えます。
花時計が作られる前は、酔っぱらって、皆で この崖を登って寮に帰ったものです。







f0124144_22474996.jpg

幣舞橋のたもとに建設されたホテル、ラビスタ釧路川に泊まりました。
この場所は、私が新卒で赴任した会社があった場所です。






f0124144_2247424.jpg

幣舞橋から釧路川河口を写しました。
この海に沈む秋の夕日は素晴らしかった。
昔はスチュワーデスが選ぶ夕日スポットNO1という話もあったほどです。
[PR]

by jj-mikami | 2009-09-30 23:00 | ◆ 釧路散策


<< この蕎麦店、何て読むの?「羯諦」      四季を表現する幣舞橋の裸婦像 >>