2009年 10月 01日

この蕎麦店、何て読むの?「羯諦」

f0124144_105173.jpg

挽きぐるみの 大もりそば。
見た目よりも、のど越しの良い蕎麦で旨い。
つゆもやや辛口で好みだ。






f0124144_1053430.jpg

形の変わった 団扇(うちわ)があったのでパチリ。
思ったより持ちやすく、使いやすい。








北斗市の大野新道沿い、ちょうどJA直売所「北斗へい屋」の隣に位置する蕎麦店。
新そばの幟に誘われ入店。
「羯諦」と帰されており、「ぎゃあてい」と読むらしい。
f0124144_1062692.jpg







f0124144_1064914.jpg
店内は狭く、座敷テーブルが2卓と小さなカウンターがあるだけ。
狭い店内に煙突がついた蒔ストーブがあった。
あと1ヶ月もすると出番が来るのでしょう。
[PR]

by jj-mikami | 2009-10-01 10:10 | □ こだわり蕎麦


<< 季節外れの向日葵      高く蒼い空、釧路にて >>