函館フォトblog

junnews.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 10日

砂原線の無人駅舎、JR鹿部駅

f0124144_16463955.jpg

赤い屋根が愛らしい「JR鹿部駅」

函館本線の森~大沼間には、
大沼公園を経由する「駒ヶ岳線」と、渡島砂原を経由する「砂原線」がある。
砂原線は、急勾配が続く駒ヶ岳線を回避するために造られた線路で13Kmほど長いそうだ。
今では特急スーパー北斗をはじめ、ほとんどの列車が駒ヶ岳線を通る。
一方の砂原線は貨物とローカル列車が中心だが、唯一急行「はまなす」の上り列車だけが通過するそうです。



f0124144_1647889.jpg

無人駅のシンボル、切符入れ。







f0124144_16472299.jpg

ホームから見た無人駅舎。

ここの駅舎は地元の人が、
屋根や壁を塗ったり、花壇を造ったりと手作り感がいっぱいです。





f0124144_16473954.jpg

待合室も、椅子に手造りの座布団が敷かれていました。
寒さを吹き飛ばす暖かさを感じます。
[PR]

by jj-mikami | 2010-01-10 17:05 | ◆ 道南散策


<< 森に囲まれた やわらかな湯、東...      鹿部名物?あんかけ焼きそば >>