2008年 07月 07日

激辛まろやか「同楽舎(どうらくや)」の坦々麺

ブログにコメントをいただくservoさんから、ブログネタとして紹介された坦々麺専門店に出向いた
同楽舎(どうらくや)という店で、坦々麺専門店だ

午前11時30分に入店したが、店内はびっしりで ほぼ満席
年配のご婦人2人で切り盛りしており、賑やかな雰囲気だ
席に着くと「辛さは普通で良いですか?」と聞かれ、「ハイ」と答えた

辛さ普通の坦々麺、真っ赤だ ↓
ストレート麺で、具は葱と青梗菜(ちんげんさい)、そぼろ肉も
胡麻風味が心地よく美味しかったが、酸味と辛味が強かった印象
f0124144_18201722.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ



「辛さ普通」は相当に辛かった
食べ終わって汗が吹き出た
すきっ腹での激辛で、胃腸がビックリしたらしく、半日、おなかの調子が悪かった
後で知ったが、辛さを問われたら「辛さ半分」が常套(じょうとう)みたい

客の回転がよく、次々と入店する
ほとんどが馴染みの客のようだが、埼玉からクチコミを聞いて訪れた ご夫婦は「美味しい」を絶賛していた


店外の窓に こだわりの一端があった ↓
  メニュー  坦々麺 一品のみ750円(税込)
  開店 AM11:00~ スープがなくなり次第終了
f0124144_182038100.jpg


場所は「谷地頭電停前」、この写真で一目瞭然 ↓
電停の真横に駐車しているのは、すべて来店者
私は、近くの函館公園駐車場に止めました
f0124144_18245415.jpg

スープが終わり次第閉店とのことだが、他のブログなどで調べてみると、
早ければ13時頃に売り切れ閉店の可能性もあるようです
[PR]

by jj-mikami | 2008-07-07 18:25 | □ こだわりグルメ


<< 七夕飾りの下で子供たちのお囃子      乾坤一擲(けんこんいってき)の... >>