函館フォトblog

junnews.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:■ 函館山・立待岬( 14 )


2009年 11月 18日

夕暮れから夕闇へ、きらめく街

f0124144_17181429.jpg

観光ロープウェイでは全国一の集客という函館山。
自動車道路は冬季封鎖となり、久々にロープウェイで山頂へ。
暮れかかった函館の街並みは深い蒼さが印象的です。




f0124144_17182258.jpg

5分程で空の明るさが消え始めました。
蒼い空よりも街の輝きに引き込まれます。




f0124144_17183056.jpg

さらに5分経過しました。
左の函館湾と右の津軽海峡が見えにくくなりました。
観光客を案内しているガイドさんが、
「皆さん『ハート』と『好き』を探してください。幸せになれますよ」と大きな声で呼びかけていました。




f0124144_1728415.jpg

ちょうど17時、完全に闇となった空。
目を奪うほどの煌き(きらめき)、これこそ100万ドルの夜景です。
[この4枚目の写真のみ35mmで撮影]
[PR]

by jj-mikami | 2009-11-18 17:33 | ■ 函館山・立待岬
2009年 08月 30日

函館山中腹からの眺望

f0124144_16503712.jpg

函館山を車で登ると、中腹の5合目あたりに市内を間近に見られる場所がある。
山頂に雲がかかったときなどは、ここの景色に車を止める人が多い。

手前には教会群。
真ん中やや右のコゲ茶色の建物が市役所。
市役所のあたりが最も狭く、両側の海と海の間隔は1Kmにも満たない近さです。
[PR]

by jj-mikami | 2009-08-30 16:57 | ■ 函館山・立待岬
2009年 07月 07日

函館山から蒼い眺め

f0124144_22571229.jpg

久々に訪れた昼の函館山。
空気が少々よどんでいたが、蒼い空と海を堪能できた。








f0124144_205222.jpg

手前の八幡坂から金森倉庫を経て、ともえ大橋と続く道路を写してみました。
摩周丸や函館駅も見えますね。
新しく出来たラビスタ函館という煉瓦色のホテルは大きいですね。

にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ
[PR]

by jj-mikami | 2009-07-07 20:10 | ■ 函館山・立待岬
2009年 07月 06日

ブルーな海、絶景の立待岬

f0124144_8182637.jpg

黄色の花畑の中に、津軽のブルーを見渡せるベンチ。
いつもの荒々しい海ではなく、おだやかな青い海が見渡せました。





f0124144_8214517.jpg

ここは函館山の南側に突き出た崖となる立待岬。
中学校の修学旅行で訪れたときには、立っていられないほどの強風でしたが、
この日は心地よい風が吹いていました。




f0124144_8242297.jpg

崖の下から歓声が聞こえ、見下ろしてみると…。
崖下に下りて波打ち際で遊んでいる若者が見えました。
天気が良い日は、降りても安全なようです。





f0124144_826196.jpg

岬の手前に「石川啄木一族の墓」があります。
岬へ続く細い道の横にあり、普段は車窓から覗く程度ですが、
この日はスク-ターだったので、降りて手を合わせてきました。
「一握の砂」の歌にある大森浜が見渡せる場所です。

にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ

More…コチラにもう1枚
[PR]

by jj-mikami | 2009-07-06 08:33 | ■ 函館山・立待岬
2009年 03月 29日

海の向こうの函館山

f0124144_9261313.jpg

遠くから見る函館山。
湯の川の海岸から撮影しましたが、334mとは思えぬ高さを感じますね。
[PR]

by jj-mikami | 2009-03-29 09:28 | ■ 函館山・立待岬
2008年 07月 08日

寄り添うふたり

暑い日には、こういう場所で涼んでいたい

大自然の風景は、ふたりだけのもの
心地よい風が吹いて、長い時間休んでいられます
遠くの大地を見ながら、将来の自分たちを思い浮かべているのでしょうか
f0124144_16121069.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

More
[PR]

by jj-mikami | 2008-07-08 16:25 | ■ 函館山・立待岬
2008年 07月 07日

乾坤一擲(けんこんいってき)の投げ釣り

観光客が眺望を堪能している断崖絶壁の立待岬

展望台の30m下、波打ち際で釣り人を見つけた

立待岬から臨む眺望 ↓
湯の川の温泉街がくっきりと見える その下(写真の一番下)に釣り人が出現
どうやって たどり着いたのだろうか?
高波が来ないのだろうか?
どんな魚が釣れるのだろうか?

渾身の投げ釣り、乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負を賭けたとしか思えない 
f0124144_512551.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

More
[PR]

by jj-mikami | 2008-07-07 05:06 | ■ 函館山・立待岬
2008年 07月 06日

意外な場所に黄色の花畑

たいした綺麗と感じない花でも、そのシチュエーションでは美しいと感じる

意外なところで 黄色の花たちと出逢った

まずは斜面に群生するタンポポ ↓
これだけ多く咲いていると見事だ 
f0124144_14525220.jpg


この花も黄色
比較的な大きな花びらが、きらびやかに見える ↓
もう枯れかかっているが、強い風の中で頑張って耐えている
煌く光が応援してくれているようだ
f0124144_14554828.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ    にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

More
[PR]

by jj-mikami | 2008-07-06 15:08 | ■ 函館山・立待岬
2008年 04月 17日

見渡す限りの海、立待岬

立待岬に出向いた
天気が良く、気温も高い
津軽海峡に大きく突き出した岬では、見渡す限りの海

遠くには下北半島も見える
最も近いのは青森県大間崎
下北半島がくっきりと確認できたが、写真では逆光のため見えにくい ↓
f0124144_6595691.jpg

にほんブログ村 風景写真
にほんブログ村 北海道情報

More
[PR]

by jj-mikami | 2008-04-17 07:11 | ■ 函館山・立待岬
2007年 09月 17日

函館山から駒ケ岳が見えた

雲の切れ間に駒ケ岳
函館山に登ると、久々に市内が良く見えた。
すると、雲の切れ間に駒ケ岳を発見。
そうか、ここから見えるんだ。
↓「函館山」の石碑の上に、うっすらと見えます
f0124144_7473058.jpg


More…続きはコチラ
[PR]

by jj-mikami | 2007-09-17 11:59 | ■ 函館山・立待岬