カテゴリ:◆ 釧路散策( 3 )


2009年 09月 30日

高く蒼い空、釧路にて

f0124144_2247207.jpg

知人の定年送別会で訪れた懐かしの釧路。
十数年ぶりに、幣舞橋周辺を散策した。
フィッシャーマンズワーフと呼ばれている商業施設の概観は、青空のもとで壮大。
「MOO]という文字が愛らしい建物です。






f0124144_22473279.jpg

四季の像が4体ある幣舞橋。
橋の向こうに、花時計とKUSHIROの文字が見えます。
花時計が作られる前は、酔っぱらって、皆で この崖を登って寮に帰ったものです。







f0124144_22474996.jpg

幣舞橋のたもとに建設されたホテル、ラビスタ釧路川に泊まりました。
この場所は、私が新卒で赴任した会社があった場所です。






f0124144_2247424.jpg

幣舞橋から釧路川河口を写しました。
この海に沈む秋の夕日は素晴らしかった。
昔はスチュワーデスが選ぶ夕日スポットNO1という話もあったほどです。
[PR]

by jj-mikami | 2009-09-30 23:00 | ◆ 釧路散策
2009年 09月 29日

四季を表現する幣舞橋の裸婦像

釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)の欄干には、四季を表現する彫刻があります。
建設された昭和51年に、日本を代表する彫刻家が手がけた高さ2mほどの裸婦像です。
海に沈む夕陽、霧の中の街路灯とのマッチングは絶景です。
訪れた日は青空でしたが、白い雲や川沿いの建物と程よく調和していましたね。



↓ 「春」の像は、舟越保武 作
f0124144_19475740.jpg





↓ 「夏」の像は、佐藤忠良 作
f0124144_1947472.jpg





↓ 「秋」の像は、柳原義達 作
f0124144_19481314.jpg




↓ 「冬」の像は、本郷新 作
f0124144_19482534.jpg

[PR]

by jj-mikami | 2009-09-29 20:03 | ◆ 釧路散策
2009年 09月 28日

幣舞橋の夜景

f0124144_14192983.jpg

釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)、10年ぶり位で訪れた。
知人の定年送別会があり、1泊の強行軍だったけど懐かしかった。
どちらかというと寒い思い出が強いが、綺麗にライトアップされて情緒がある。
昨年は、この水面がラッコのクーちゃんフィーバーで賑わいましたね。







f0124144_14195962.jpg

岸壁には大きな蛍光管を設備したサンマ漁の大きな船が係留されていました。
人が出入りして出港準備に忙しそうです。






f0124144_1420734.jpg

幣舞橋周辺は、釧路川リバーサイドと称して河畔公園やMOOと呼ばれる商業施設があります。
右側の建物が「フィーッシャーマンズワーフMOO」で土産物店や飲食店、岸壁炉端などがあります。
[PR]

by jj-mikami | 2009-09-28 14:37 | ◆ 釧路散策