函館フォトblog

junnews.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 24日

ばら苑

甘さを抑えたケーキ「ばら苑」
f0124144_172873.jpg
松見通に面する喫茶風の建物、中に入ると空気が澄んでいるような感じ。

f0124144_1752957.jpg



店内は広くはないが、喫茶室もあり、落ち着いた雰囲気。
小ぶりのショーケースの中には、艶っぽくて、見た目に美しいケーキが並ぶ。


f0124144_1785212.jpg

ここのケーキは、イチゴ系のものが非常に多いと感じた。
白くて お洒落な皿に載ったケーキに惹かれた。

味はとてもまろやか、甘さを極力抑えている印象。
加えて、中に入ってるイチゴがスライスでないのが嬉しい。
小さな薔薇が載った、イチゴたっぷりのケーキに感激した。

More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-24 16:54 | □ こだわりグルメ
2007年 03月 22日

水無海浜(みずなしかいひん)温泉

椴法華(とどほっけ)の水無海浜温泉

椴法華(とどほっけ)村は、北海道初の市町村合併で2年前?函館市となった。確か、マグロで有名な戸井町、ゴッコ汁の恵山町とともに函館市と合併したはず。

最近は水無(みずなし)海浜温泉で有名だ。混浴露天風呂だが、時間制限がある。なんと、満潮時には水没してしまい、干潮時だけ湯加減の良い露天風呂が出現する。いわゆる、海水が無くなると温泉に早変わり。
訪れた時間はちょうど干潮で絶好の入浴タイム、タオルもなく、さすがに遠慮したが40代の男性が入浴していた。次回はトライだ。それにしても、ここまでの道路は狭くて厳しかった、対向車とすれ違えない。
f0124144_1432764.jpg


More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-22 14:34 | □ ゆったりの湯
2007年 03月 22日

鹿部間歇泉(しかべかんけつせん)

しかべ間歇泉公園  30余秒の噴出し&足湯

100度の熱湯が30秒ほど吹き上げる間歇泉、チャンスを逃すと再噴射まで待つこと10分。
300円の入園料を支払い、初めて訪れた間歇泉は思いのほか、ちゃっちい公園内にあった。あいにくの強風で、吹き上げ制限のシートが覆われていたが、地熱パワーのすさまじさに驚いた。
近くには日帰り入浴可能な温泉旅館があるそうだ。その昔、温泉で傷を癒す1頭の鹿に遭遇、ここに温泉場を設置したらしい。
近くに比較的大きな港があり、漁業の町だ。鹿部コンブは有名。
f0124144_12405273.jpg


More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-22 13:12 | ◆ 道南散策
2007年 03月 22日

大沼公園

大沼公園に飛来する「白鳥」&大沼から望む「駒ケ岳」

大沼国定公園、中学の修学旅行で初めて訪れた時と同じ景色が飛び込む。標高1133mの駒ケ岳と大沼&小沼。暖かい時期に来ると豊かな水源と緑の木々を堪能できるが、今回の目的は白鳥の飛来と雪化粧の駒ケ岳。どちらもそこそこの写真をゲットできた。
f0124144_15231264.jpg


f0124144_15233092.jpg

大沼公園駅前の「沼の家」でお決まりの「大沼だんご」を購入、315円なり。
f0124144_1527672.jpg
JR北斗車内では「しょうゆ&あんこ」限定だが、ここでは「しょうゆ&ごま」が購入できる。


ゴマ味の団子は本当においしい。ちなみに、迎えのおみやげ屋では、元祖でなはい大沼だんごが売っているので注意。
大きさも値段も同じくらいだ。



f0124144_15273075.jpg
そういえば、車から「山川牧場」が見えた。ここの「ジャージー牛乳」は陣川温泉でよく飲むが、本当においしい。
確か1ビン110円。
きっと、ソフトクリームもおいしいんだろうね。
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-22 11:11 | ■ 大沼公園・駒ケ岳
2007年 03月 21日

「旬花」の昼会席

お気に入りの「旬花(しゅんか)」で昼会席

前日予約で「弥生の昼会席」を個室でいただいた。税込み2100円のミニ会席は全8品、1時間あまりの楽しい時間を満喫。
前菜のあとに出てきた活ダコの刺身は、今が旬なのか?美味。
写真はないが、カレーがかかった葛豆腐は、豆腐好きの私をうならせる、初めて体験する味で旨かった。
1500円前後の弁当等もあるが、要前日予約の昼会席がおすすめ。


f0124144_13133215.jpgf0124144_1313473.jpg左:活ダコの刺身

右:桜鱒の西京あられ焼

More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-21 13:12 | □ こだわりグルメ
2007年 03月 21日

五稜郭タワー

3度目の五稜郭タワー
あいにくの天気も、五稜郭タワーからの眺望は最高!
LUMIXのズームが捉えた「函館ドック」とその向こうの山並みが、本日のファインショット!
残念なのは、うす曇でもやっていたこと。かすんで見えた下北半島の写真はNG。
f0124144_12524644.jpg


More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-21 11:34 | ■ 五稜郭
2007年 03月 18日

春近し、東山から望む

流れる雲がとても早い。こんな日こそ良い写真が撮れると信じ、東山の高台に。
恵山(えさん)の方角を望む↓
f0124144_20561016.jpg


More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-18 21:03 | ■ 函館の景観
2007年 03月 15日

札幌は雪景色

f0124144_19341371.jpg

3月7日から、出張で久しぶりに訪れた札幌は雪。
訪問先の挨拶で、皆さんが口を揃えたのが「今年は雪が少なくて楽でした」
函館ほどではないが、札幌も今年は暖冬だったらしい。
しかし、3月に入ってからの降雪量は多いようで、この日も降り積もった雪が綺麗だった。

出張から戻った13日の函館は、雪の多さに驚いたが、14日の札幌の雪はすさまじいようだ。道新夕刊の1面に写真が掲載されていたが、新潟などの豪雪地帯を彷彿させる光景だ。

13日午前、スーパー北斗の車窓から横殴りの雪を眺め、長万部特産の「かにめし」を完食したときだった。
車両は突然の急ブレーキで緊急停車。流れてきたアナウンスは「この先の踏み切りで上り列車とトラックが衝突しました。再開の見込みはたっていません」とのこと。
グリーン席だったこともあり、客室乗務員に余裕のコーヒーを注文。そして、リクライニングシートをいっぱいに倒して爆睡!40分ほどの停車で再開し、帰路につきました。
それにしても、客室乗務員(ツインクルレディ)は大変だ。客の中には、乗り継ぎのスーパー白鳥や新幹線に遅れる人もおり、その対応に苦慮していました。
あのおねえさん(客室乗務員)は100回以上も「本当に申しわけありません」と連呼していたのでは。函館に近づくと、客のひとり一人にあらためて陳謝、私は気の毒になり「大丈夫ですよ、あなたこそ大変でしたね。ご苦労さま」と声を掛けると、泣き出しそうな顔をしてました。
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-15 19:33 | ◆ 札幌散策
2007年 03月 04日

神座茶(かんざちゃ)のお茶セット

神座茶(かんざちゃ)
静岡県藤枝市の神座茶生産組合から、「うれしい6点セット、お茶飲み比べ」を取り寄せた。公式HPはシンプルで詳しく記載がないが、「減農薬検査済みの安心で安全な茶葉を通信販売しております」とある。
f0124144_22373621.jpg


More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-04 22:58 | □ こだわりの逸品
2007年 03月 04日

蕎麦蔵(そばくら)

f0124144_1624540.jpgそばとそば料理
 「蕎麦蔵(そばくら)」

弥生町の評判そば店「蕎麦蔵」で、こだわりの十割手打ちと主人のやさしさに出会った。
そばをいただいた後、ご主人と談笑。やわらかい物腰で気さくに話かけてもらい、楽しい時間を過ごすことができました。本当に気分良く、店をあとにできた。

f0124144_16513259.jpg港が近く、閑静な田舎町を思わせる一角にある店は、店名のとおり、蔵の風情を素朴に演出している。もともと米蔵だった建物だそうだ。靴を脱いで入る店だが、テーブル席に案内された。
そもそも札幌の辻クッキングで料理を教えていた奥さんが、ご主人の転勤で一緒に会津に。そこで蕎麦の魅力に出会い、ご主人の定年後に「この場所で蕎麦店を開きたかった」と7年前に開業に至ったそうだ。
よって、蕎麦打ちは奥さんの役割で、ご主人は接客。奥さん自慢の小料理(1皿300円)を目当てに来る客も多いとか。


f0124144_1781929.jpg

More
[PR]

by jj-mikami | 2007-03-04 18:00 | □ こだわり蕎麦