函館フォトblog

junnews.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 14日

田園地帯に残る、かやぶき屋根

f0124144_845629.jpg

明治43年に建てられたという カヤ葺き屋根の住宅。
ここは北斗市(旧大野町)で、農村地帯の伝統的建築が いまだに残っていました。
文化的にも貴重な建物ですね。

「まねきや」という雑貨屋で1990年まで営業していたそうです。
もちろん、居住されているようでした。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-10-14 08:52 | ◆ 道南散策
2009年 10月 12日

秋、収穫のとき

f0124144_19101883.jpg

大野平野の ど真ん中、北斗市(旧大野町)の田園地帯をドライブした。
黄金色の稲の穂が大きく垂れ下がっている。
道南米「ふっくりんこ」でしょうか?






f0124144_19134487.jpg

秋の象徴、ススキが揺れる中、大型の稲刈り機が、歩くよりも早い速度で収穫していく。
遠くに函館山が見える。






f0124144_19115980.jpg

近くで見るのは初めてだが、上手く刈っていくね。






f0124144_19131029.jpg

最後は長い筒が伸びて、トラックに収納されていた。









f0124144_19494827.jpg

カメラ片手にパチパチ撮っていると、おかみさんから声をかけられた。
「なーに、珍しいのかい。どんどん撮っていいよ」
[PR]

# by jj-mikami | 2009-10-12 19:19 | ◆ 道南散策
2009年 10月 11日

高龍寺の例大祭

f0124144_2256967.jpg

函館市船見町、車の窓から見える道路脇の提灯が目を引いた。
門に彫刻、曹洞宗の高龍寺。
北海道最古のお寺と言われている。





f0124144_2256165.jpg

例大祭の幟(のぼり)も見えたので、寄ってみた。
高龍寺に所蔵されている絵画や書を開示する「宝物展」も開かれたようだが、
訪れた時間が遅く、残念した。







f0124144_22562180.jpg

手水の龍が見事だったのでパチリ。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-10-11 23:01 | ■ 神社・寺・修道院
2009年 10月 06日

ファイターズ、歓喜の胴上げ

北海道日本ハムファイターズが優勝した瞬間を堪能した。
今年初めての札幌ドーム観戦で優勝という劇的瞬間に酔った。

f0124144_18355953.jpg

↑ 優勝旗を手にしたのはキャプテンの稲葉選手








f0124144_18394735.jpg

↑ 感動のグランド1周






f0124144_18404299.jpg

↑ 観客も一体となって喜びを分かち合った
座席は日ハム側ベンチのすぐ うしろ8列目あたり。
後方からの紙テープが何度も背中を直撃した。

More…胴上げはこちら
[PR]

# by jj-mikami | 2009-10-06 23:35 | ◆ 札幌散策
2009年 10月 05日

季節外れの向日葵

f0124144_1943497.jpg

季節外れの向日葵(ひまわり)を見つけた。
といっても近くでは写せないほど枯れかかっている。
遠くからだと いい感じの ひまわり畑です。







f0124144_19381394.jpg

ここは函館から車で90分ほど北上した八雲町。
噴火湾を一望できる高台。
並木道の向こうに見えるのは太平洋です。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-10-05 19:41
2009年 10月 01日

この蕎麦店、何て読むの?「羯諦」

f0124144_105173.jpg

挽きぐるみの 大もりそば。
見た目よりも、のど越しの良い蕎麦で旨い。
つゆもやや辛口で好みだ。






f0124144_1053430.jpg

形の変わった 団扇(うちわ)があったのでパチリ。
思ったより持ちやすく、使いやすい。

more…店の概観はこちら
[PR]

# by jj-mikami | 2009-10-01 10:10 | □ こだわり蕎麦
2009年 09月 30日

高く蒼い空、釧路にて

f0124144_2247207.jpg

知人の定年送別会で訪れた懐かしの釧路。
十数年ぶりに、幣舞橋周辺を散策した。
フィッシャーマンズワーフと呼ばれている商業施設の概観は、青空のもとで壮大。
「MOO]という文字が愛らしい建物です。






f0124144_22473279.jpg

四季の像が4体ある幣舞橋。
橋の向こうに、花時計とKUSHIROの文字が見えます。
花時計が作られる前は、酔っぱらって、皆で この崖を登って寮に帰ったものです。







f0124144_22474996.jpg

幣舞橋のたもとに建設されたホテル、ラビスタ釧路川に泊まりました。
この場所は、私が新卒で赴任した会社があった場所です。






f0124144_2247424.jpg

幣舞橋から釧路川河口を写しました。
この海に沈む秋の夕日は素晴らしかった。
昔はスチュワーデスが選ぶ夕日スポットNO1という話もあったほどです。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-09-30 23:00 | ◆ 釧路散策
2009年 09月 29日

四季を表現する幣舞橋の裸婦像

釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)の欄干には、四季を表現する彫刻があります。
建設された昭和51年に、日本を代表する彫刻家が手がけた高さ2mほどの裸婦像です。
海に沈む夕陽、霧の中の街路灯とのマッチングは絶景です。
訪れた日は青空でしたが、白い雲や川沿いの建物と程よく調和していましたね。



↓ 「春」の像は、舟越保武 作
f0124144_19475740.jpg





↓ 「夏」の像は、佐藤忠良 作
f0124144_1947472.jpg





↓ 「秋」の像は、柳原義達 作
f0124144_19481314.jpg




↓ 「冬」の像は、本郷新 作
f0124144_19482534.jpg

[PR]

# by jj-mikami | 2009-09-29 20:03 | ◆ 釧路散策
2009年 09月 28日

幣舞橋の夜景

f0124144_14192983.jpg

釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)、10年ぶり位で訪れた。
知人の定年送別会があり、1泊の強行軍だったけど懐かしかった。
どちらかというと寒い思い出が強いが、綺麗にライトアップされて情緒がある。
昨年は、この水面がラッコのクーちゃんフィーバーで賑わいましたね。







f0124144_14195962.jpg

岸壁には大きな蛍光管を設備したサンマ漁の大きな船が係留されていました。
人が出入りして出港準備に忙しそうです。






f0124144_1420734.jpg

幣舞橋周辺は、釧路川リバーサイドと称して河畔公園やMOOと呼ばれる商業施設があります。
右側の建物が「フィーッシャーマンズワーフMOO」で土産物店や飲食店、岸壁炉端などがあります。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-09-28 14:37 | ◆ 釧路散策
2009年 09月 25日

大三坂に秋の情景

f0124144_1021376.jpg

函館西部地区、カトリック元町教会に面する大三坂(だいさんざか)。
この石畳の坂にナナカマドの赤い実が溶け込んだ。
この坂のナナカマドだけは、赤くなるのが毎年早いんです。





f0124144_10102460.jpg

カトリック教会と道路を挟んで反対側にある鉄骨造りの大きな屋根。
大三坂からは、亀井勝一郎の石碑に迫る程の大きさの東本願寺函館別院。
青い空に黒い屋根、ナナカマドの実だけが赤く輝いています。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-09-25 10:17 | ■ 西部地区
2009年 09月 17日

カトリック元町教会とナナカマド

f0124144_11363722.jpg

カトリック元町教会にも秋の気配です。
ちょっと判りにくいですが、ナナカマドの実が赤く色づき始めています。

シルバーウィークも天気の良い日が続き、訪れる人たちで賑わいそうです。
この教会の内部は見ごたえ十分で、オススメです。
書物で見るような光景が目の前に広がり、感激ですよ。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-09-17 11:40 | ■ 西部地区
2009年 09月 15日

金森倉庫にて

f0124144_223993.jpg

BAYの文字に連なるような蔦が印象的な金森倉庫。
秋が深まると この蔦も赤茶けてきますが、今は緑が青空に映えてます。

この倉庫の真裏は運河になっています ↓







f0124144_2261253.jpg

レンガ倉庫の裏手が運河になっていて、遊覧専用のプレジャーボートが停泊しています。
函館湾を10分ほど、高速で周遊してくれます。
いつも比較的すいているので、カップルで独占も良いんじゃないでしょうか。
確か1人1000円か1500円だったと思います。
私は船酔いするので乗船経験はありません。










f0124144_22112183.jpg

BAYの看板をつけた黄色い貸自転車が並んでいて、
青い空とレンガ色の建物になじんでいます。
函館は坂が多いので、電動ママチャリにすれば人気が出るのにと、いつも思っています。


フジテレビの番組で「接遇」の舞台となった、「スナッフルズ」は、この金森倉庫群の中にあります。
私は「蒸し焼きショコラ」が気に入っていて、土産でも たいそう喜ばれます。
この日も結構な混みようで、番組に登場していたスタッフや店長さんも にこやかに接客していました。
[PR]

# by jj-mikami | 2009-09-15 22:15 | ■ 西部地区