タグ:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS ( 99 ) タグの人気記事


2010年 01月 18日

見事な着水、オオハクチョウ

f0124144_19444555.jpg

大沼公園内の白鳥台セバットに飛来するオオハクチョウを捉えた。
3羽並んで氷の張っていない水面へ滑空!





f0124144_19445576.jpg

羽を大きく広げてスピードを落とす!






f0124144_1945646.jpg

見事に着水!
[PR]

by jj-mikami | 2010-01-18 19:50 | ■ 大沼公園・駒ケ岳
2009年 12月 17日

はこだてクリスマスファンタジー

f0124144_21375251.jpg

函館ベイエリアに輝く、高さ20mの巨大ツリー。
6万個のイルミネーションが時間と共に色を変えていきます。
ここ3日間で約25cmの積雪があり、道路も真っ白です。

七財橋からの手持ち撮影です。
遠くで微かに輝いているのは函館山ロープウェイの山頂駅。




f0124144_2138486.jpg

午後6時に来場者のカウントダウンでツリーが点灯。
同時に花火が打ち上げられました。
手持ち撮影だったので、イマイチですが…。
[PR]

by jj-mikami | 2009-12-17 21:46 | ■ 西部地区
2009年 11月 26日

ベイエリアにサンタがやってきた

f0124144_20323990.jpg

BAYの文字が印象的な金森倉庫にサンタがやってきた。
赤く色づいた金森倉庫の壁によじ登っているサンタ。

函館の冬を彩るクリスマスファンタジーも今週末から始まります。
大きなツリーも到着し、準備は万全。


 




f0124144_20325333.jpg

並んでいるすべての倉庫の壁にサンタの姿。
遠くから見ると消防士が金森倉庫の壁に へばりついているようにも見えます。
白い袋を背負っているので消防士ではありませんね。
サンタクロースの背中には多くのプレゼントが入っているのでしょう。
今年も来てくれましたね。







f0124144_203313.jpg

こちらはサンタが来る前の金森倉庫。
[PR]

by jj-mikami | 2009-11-26 20:42 | ■ 西部地区
2009年 11月 18日

夕暮れから夕闇へ、きらめく街

f0124144_17181429.jpg

観光ロープウェイでは全国一の集客という函館山。
自動車道路は冬季封鎖となり、久々にロープウェイで山頂へ。
暮れかかった函館の街並みは深い蒼さが印象的です。




f0124144_17182258.jpg

5分程で空の明るさが消え始めました。
蒼い空よりも街の輝きに引き込まれます。




f0124144_17183056.jpg

さらに5分経過しました。
左の函館湾と右の津軽海峡が見えにくくなりました。
観光客を案内しているガイドさんが、
「皆さん『ハート』と『好き』を探してください。幸せになれますよ」と大きな声で呼びかけていました。




f0124144_1728415.jpg

ちょうど17時、完全に闇となった空。
目を奪うほどの煌き(きらめき)、これこそ100万ドルの夜景です。
[この4枚目の写真のみ35mmで撮影]
[PR]

by jj-mikami | 2009-11-18 17:33 | ■ 函館山・立待岬
2009年 10月 27日

北大、いちょう並木

f0124144_14375850.jpg

札幌の北海道大学構内、北13条通にあたる場所に 約400㍍のイチョウ並木がある。
そろそろ見ごろかと思い訪れた。
かなり黄葉しており、雨の中で別世界の情景です。
訪れたのは23日、今では黄色の葉が色濃くなっているでしょう。






f0124144_1438480.jpg

イチョウの木の周りには、モミジもあり紅葉した木々も多い。
雨が降っているにもかかわらず、自転車で通り過ぎる学生が多かった。
[PR]

by jj-mikami | 2009-10-27 14:44 | ◆ 札幌散策
2009年 09月 30日

高く蒼い空、釧路にて

f0124144_2247207.jpg

知人の定年送別会で訪れた懐かしの釧路。
十数年ぶりに、幣舞橋周辺を散策した。
フィッシャーマンズワーフと呼ばれている商業施設の概観は、青空のもとで壮大。
「MOO]という文字が愛らしい建物です。






f0124144_22473279.jpg

四季の像が4体ある幣舞橋。
橋の向こうに、花時計とKUSHIROの文字が見えます。
花時計が作られる前は、酔っぱらって、皆で この崖を登って寮に帰ったものです。







f0124144_22474996.jpg

幣舞橋のたもとに建設されたホテル、ラビスタ釧路川に泊まりました。
この場所は、私が新卒で赴任した会社があった場所です。






f0124144_2247424.jpg

幣舞橋から釧路川河口を写しました。
この海に沈む秋の夕日は素晴らしかった。
昔はスチュワーデスが選ぶ夕日スポットNO1という話もあったほどです。
[PR]

by jj-mikami | 2009-09-30 23:00 | ◆ 釧路散策
2009年 09月 29日

四季を表現する幣舞橋の裸婦像

釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)の欄干には、四季を表現する彫刻があります。
建設された昭和51年に、日本を代表する彫刻家が手がけた高さ2mほどの裸婦像です。
海に沈む夕陽、霧の中の街路灯とのマッチングは絶景です。
訪れた日は青空でしたが、白い雲や川沿いの建物と程よく調和していましたね。



↓ 「春」の像は、舟越保武 作
f0124144_19475740.jpg





↓ 「夏」の像は、佐藤忠良 作
f0124144_1947472.jpg





↓ 「秋」の像は、柳原義達 作
f0124144_19481314.jpg




↓ 「冬」の像は、本郷新 作
f0124144_19482534.jpg

[PR]

by jj-mikami | 2009-09-29 20:03 | ◆ 釧路散策
2009年 09月 28日

幣舞橋の夜景

f0124144_14192983.jpg

釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)、10年ぶり位で訪れた。
知人の定年送別会があり、1泊の強行軍だったけど懐かしかった。
どちらかというと寒い思い出が強いが、綺麗にライトアップされて情緒がある。
昨年は、この水面がラッコのクーちゃんフィーバーで賑わいましたね。







f0124144_14195962.jpg

岸壁には大きな蛍光管を設備したサンマ漁の大きな船が係留されていました。
人が出入りして出港準備に忙しそうです。






f0124144_1420734.jpg

幣舞橋周辺は、釧路川リバーサイドと称して河畔公園やMOOと呼ばれる商業施設があります。
右側の建物が「フィーッシャーマンズワーフMOO」で土産物店や飲食店、岸壁炉端などがあります。
[PR]

by jj-mikami | 2009-09-28 14:37 | ◆ 釧路散策
2009年 07月 10日

薔薇の香りはこちらにも、ハリストス正教会

f0124144_18424169.jpg

ハリストス正教会の敷地内の薔薇も綺麗に花開いています。
ここはシンプルな薔薇が一斉に花が開いて、まもなく見納めでしょう。







f0124144_18425514.jpg

教会の窓枠や壁の模様が、一層引き立ててくれます。






f0124144_184365.jpg

この日はピンクの薔薇が、最も綺麗に咲いてました。
元町散策が楽しい季節です。
にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ
[PR]

by jj-mikami | 2009-07-10 18:47 | ■ 西部地区
2009年 07月 09日

香りに包まれる薔薇のトンネル

f0124144_19329100.jpg

真っ赤な薔薇のトンネル。
通り抜けると、程好い香りに包まれる。
一部は赤い花びらが地面に落ちて、最高の雰囲気です。







f0124144_193495.jpg

赤い薔薇の隣には、小振りの小さなピンク色の薔薇が満開です。
「見てください」とばかりに、咲き誇っています。






f0124144_1942897.jpg

ここのベンチで薔薇の香りを楽しみながら、ゆっくりと過ごすと格別ですね。
紅茶が飲みたくなる情景です。





f0124144_1944356.jpg

ここは函館市元町、基坂に面したイギリス領事館の裏庭です。
撮影日から5日ほど経過しました。
昨日と今晩の雨で、美しさが半減したかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活ブログ 道南情報(北海道)へ
[PR]

by jj-mikami | 2009-07-09 19:15 | ■ 西部地区