函館フォトblog

junnews.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 12日

ナッチャンReraに乗船

高速船で青森~函館間を往復

ナッチャンreraにて日帰りで青森への旅。
青森まで1時間45分の旅は揺れもほとんどなく快適。
しかし、往路・復路とも、船をおりるまでに2時間を超える結果となった。
1時間45分でターミナル近くまでは行くが、降船に時間がかかり過ぎ。
青森では、あらかじめ予約したタクシーを長い時間待たす事態となった。

連れと二人で往復したので、4枚つづりの「海速フォー」というチケットを購入しようとしたが、
「3日前までの事前購入です」と冷たい対応。
また、函館での駐車場代(朝7時から夕方5時まで)が1100円となり、
とても高額な旅となった。

↓青森に停泊中のナッチャン
青森港ではボーディングブリッジがなく、倉庫からトラックなどと一緒に船を下りた。
なんだか、危ない感じ。
f0124144_21122089.jpg





ナッチャン内部は広くて綺麗で、いい雰囲気。
キャビンアテンダント8人が、案内や売店とマルチな活躍。
エグゼクティブクラスは最上階にあり、すばらしいシートだった。
高速船のためか、外に出られないのが残念。
連れは船の先端で両手を伸ばし、タイタニックをやりたかったらしく残念した。
↓1000円高価なビジネスクラスは、船の後方に向けたシートだ
f0124144_21184948.jpg

↓エコノミークラスの座席の窓側には、ラウンジシートやソファーシートがあり、自由に座れる
ナッチャンの中にある売店では、函館の土産品しかなく青森の銘菓なども置いてほしいね。
青森のフェリーターミナルには売店すらなかった。
f0124144_2121792.jpg

↓ナッチャン限定のサンドイッチ!
最もひどい目に会ったのが、このサンドウィッチ。
なんと、1100円と激高。
加えて非常にまずい。パンがパサパサ。
連れはカフェオレ2個とサンドイッチで1000円を出して釣りをもらおうとすると、
「1700円になります」と言われてビックリしていた。
「このこと、必ずブログに書いてね。本当にまずいし、高いわ」と激昂!
f0124144_21252934.jpg

↓帰りには函館山がとても綺麗に見えた
裏から見る函館山には感激だった。
外国からの観光客も皆、写真を撮っていた。
それにしても、台湾か中国か韓国か不明だが、外国からのツアー客が多くいた。
彼らの声が大きく、ゆっくり眠れなかった。
函館に着いてからの折り返し便では、阪急トラピクスのツアー客もたくさん並んでいたね。
ちなみに往路の朝7時30分の便は、客がほとんどいなく、ほぼ貸切状態。
f0124144_21342521.jpg

↓ここから「風景写真ブ」ログ村に入れます
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
[PR]

by jj-mikami | 2007-09-12 20:59 | ■ 埠頭・港・フェリー


<< 八甲田山麓の酸ヶ湯温泉、蔦沼温泉      ナッチャンRera >>